宋版圜悟心要

機関管理番号
B17
文化財指定
重要文化財
分類
書跡
作品名かな
そうはんえんごしんよう
員数
2冊
時代世紀
中国・南宋時代 13世紀
品質形状
紙本墨刷
法量
縦26.7 横18.2
所蔵者
九州国立博物館
『碧巌録(へきがんろく)』の著者として著名な中国北宋の臨済僧、圜悟克勤(えんごこくごん)の教えを、弟子の子文(しぶん)が編集したもの。上下2巻から成っている。嘉煕2(1238)年重刊本。刷りも良く、鎌倉時代の訓点や室町時代の禅僧の書き込みなどがあり、五山禅林で活用されたことが分かっている。貴重な宋版であり、我が国の五山版に多大な影響を与えた一本である。

関連URL