金光明経 巻第三

機関管理番号
A甲260
文化財指定
国宝
分類
絵画(A)
作品名かな
コンコウミョウキョウ カンダイサン
員数
1巻
制作地
日本
時代世紀
鎌倉
品質形状
白描絵料紙墨書
法量
縦 25.9 cm 横 824.7 cm
銘文等
「建久三年四月一日書冩之(梵字)」
所蔵者
京都国立博物館
料紙の下絵に目鼻のない人物が描かれているところから、俗に目無経(めなしきょう)と呼ばれる。もと金光明経4巻・理趣経1巻からなっていたらしく、建久3年(1192)3月13日に後白河法皇が崩御されてからしばらくたった4月1日に、法皇の菩提を弔うため、法皇ゆかりのこの料紙を用いて、写経したものと思われる。料紙の下絵は、経文とはまったく無関係の源氏物語のような物語絵の未完成画で、吹抜屋台(ふきぬきやたい=屋台の様子を描くため、屋根をとりはらった家屋のことで、大和絵独特の表現法)を舞台に、淡墨線でのびやかに男女の姿を描いている。

関連URL