大般若波羅蜜多経巻第五百三十一(東大寺八幡宮経)

機関管理番号
B甲187
分類
書跡(B)
作品名かな
ダイハンニャハラミッタキョウカンダイ531(トウダイジハチマングウキョウ)
員数
1巻
制作地
日本
時代世紀
鎌倉
品質形状
紙本墨書
法量
縦 26.4 cm 横 940 cm
銘文等
嘉禄三年五月十日乗信書写奥書
寄贈者
守屋美孝
所蔵者
京都国立博物館
東大寺の鎮守であった手向山八幡宮に奉納された『大般若経』六百巻の遺巻。紙背に「東大寺八幡宮」の黒印が捺してあるところから『東大寺八幡宮経』と呼ばれる。表紙は濃い紺紙に金箔銀砂子を散らし、見返しは白地に銀箔を置く。巻末に嘉禄三年(一二二七)五月十日、三論学僧の乗信が六十一歳で書写した旨の奥書を存する。

関連URL