双竜鏡

機関管理番号
E甲259-5
分類
金工(E)
作品名かな
ソウリュウキョウ
員数
1面
制作地
朝鮮
時代世紀
高麗
法量
径 11.1 cm 縁高 0.2 cm
所蔵者
京都国立博物館
竜は、中国大陸部でどの時代にも銅鏡意匠として用いられてきたが、本鏡のような体躯の細い双竜文は遼代ごろから現れる。文様を全く同じくする同型鏡が中国東北部の金や、朝鮮半島の高麗に知られるが、そのいずれもが青銅に錫を比較的多めに含んだ白銅質で、同じ工房で短期間のうちに量産された可能性が高い。

関連URL