海獣葡萄鏡

機関管理番号
E甲258-3
分類
金工(E)
作品名かな
カイジュウブドウキョウ
員数
1面
制作地
中国
時代世紀
法量
径 17.4 cm 縁高 1.5 cm
所蔵者
京都国立博物館
海獣葡萄鏡は、隋・唐代の鏡のうち最も遺品の多い鏡式で、内傾気味の周縁と、背面を界圏で内・外区に分ける鏡胎に、獣文と葡萄文を一杯に描く。早い時期のものは、界圏で文様が截然と分かたれるが、七世紀末ごろになると、本品のごとく葡萄文が界圏上にまでまとわりつくように表わされるものが目立ちはじめる。

関連URL