平安京大内裏瓦 緑釉蓮華文軒丸瓦

機関管理番号
J甲447-3
文化財指定
重文
分類
考古(J)
作品名かな
ヘイアンキョウダイダイリカワラ リョクユウレンゲモンノキマルガワラ
員数
1点
制作地
日本
時代世紀
平安
品質形状
周縁の1/3欠失。八葉、中房珠文一+五。
法量
径 19.6 cm
所蔵者
京都国立博物館
緑釉は鉛を含む釉薬で、低火度で焼成して鮮やかな緑色を発色する。
平城京では、宮殿や堂塔の屋根に初めて緑釉の瓦を使った。平安京でも大極殿をはじめとする宮殿の主要な建物や東寺・西寺の堂塔の屋根に緑釉の瓦が葺きあげられた。緑釉の瓦は屋根全体に葺くのではなく、軒まわり、大棟、降り棟など、屋根の縁どりとして使われた。

関連URL

全体

平安京大内裏瓦

平安

重文

京都国立博物館