織部扇形蓋物

機関管理番号
G-5771
分類
陶磁
作品名かな
おりべおうぎがたふたもの
員数
1合
作者
美濃
時代世紀
江戸時代・17世紀
法量
高11.0 径28.5*23.7
所蔵者
東京国立博物館
 美濃(みの)は慶長年間に織部(おりべ)と呼ばれる作風を樹立し、破格の造形美を作り出した。伝統図象の扇形を翻案したこの蓋物でも、その造形はまさに意表をついている。織部独特の緑釉と銹絵(さびえ)を組み合わせた意匠取りも自在で、創意が器全体にみなぎった織部焼の代表作である。(20040901_h131)(20131203_h133)(20160712_h133)