伽藍石香合

機関管理番号
G-193
分類
陶磁
作品名かな
がらんせきこうごう
員数
1合
作者
伊賀
時代世紀
江戸時代・17世紀
法量
高3.6 縦4.5 横4.8
所蔵者
東京国立博物館
水指・花入に力作の多い伊賀(いが)焼の茶道具の中で、香合は遺品が極めて少ないが、伽藍石(がらんせき)香合、一輪梅(いちりんうめ)香合などが特筆される。あたかも廃寺の伽藍石をしのばすこの香合は、魅力的な形に自然釉(しぜんゆう)が苔むすようにかかり、その美を愛でて、松平不昧(ふまい)が愛蔵した。 (20091110_h04)(140225_h04)(150127_h04)