黒韋肩白威胴丸

機関管理番号
F-19972
文化財指定
重要文化財
分類
刀剣
作品名かな
くろかわかたじろおどしのどうまる
員数
1領
時代世紀
南北朝時代・14世紀
寄贈者
藤原清子氏寄贈
所蔵者
東京国立博物館
 藍(あい)で濃く染めた韋(かわ)を甲冑の威に用いた場合、黒韋と呼んでいる。この胴丸は前後の立挙(たてあげ)二段を白糸とした黒韋肩白威である。草摺(くさずり)を八間(けん)に分け、胸板(むないた)などの金具廻(かなぐまわり)は藻獅子韋包(もじしがわつつみ)とし、胸には杏葉(ぎょうよう)を下げて、南北朝から室町時代における典型的な形式を示している。(2005/06/21_h05)(120508_140325_h056)