古銅象耳花入 銘 秋月

機関管理番号
E-20187
分類
金工
作品名かな
こどうぞうみみはないれ めいあきづき
員数
1口
時代世紀
室町時代・15~16世紀
品質形状
青銅
寄贈者
松永安左エ門氏寄贈
所蔵者
東京国立博物館
銅、錫【すず】、鉛の合金である古銅の花生は、茶の湯において最も格式高い花生に位置づけられる。なかでも無文のものは、茶の湯の寂びたる美学に相応しいものとして室町時代の書院飾り以来、高い評価を得る。胴を絞り込んだ柔らかな曲線が印象的な一作である。(作成: 横山梓2013-02-04)