経筒

機関管理番号
E-14745
分類
金工
員数
1合
出土地
岐阜県瑞浪市土岐町桜堂 桜堂経塚出土
時代世紀
平安時代・12世紀
品質形状
陶製
法量
(蓋)高6.0、径21.0、(身)高、底径20.7
寄贈者
宮地三次氏寄贈
所蔵者
東京国立博物館
 本経筒は、地元美濃窯の製品を用いており、筒状の胴部には、2条1組の平行沈線が3ヶ所に施されている。本経塚からはもう1個、同様な陶製経筒が出土している。桜堂経塚は岐阜県の代表的経塚の一つで、和鏡、檜扇片、火打ち鎌などの副納品がよく残っている。  (2005/10/18_h24)