小鳥を手にのせる遊女と鳥篭を持つ禿

機関管理番号
A-10569-418
文化財指定
重要美術品
分類
絵画
作品名かな
ことり て ゆうじょ とりかご も かむろ
員数
1枚
作者
鳥居清倍筆
時代世紀
江戸時代・18世紀
品質形状
大々判 丹絵
所蔵者
東京国立博物館
鳥居清倍は、鳥居清信の弟または長男といわれ、鳥居家二代を継ぐが、その経歴ははっきりとしない。本図は、元禄時代に流行した勝山髷(かつやままげ)を結った遊女の姿を強弱のあるリズミカルな墨線をいかした墨版で描き、丹と黄土の二色を筆で加えている。

全体

浮世絵版画

東京国立博物館