十二ケ月歌意図巻

機関管理番号
A-66
分類
絵画
作品名かな
じゅうにかげつかいずかん
員数
2巻
作者
土佐光起筆
時代世紀
江戸時代・17世紀
品質形状
絹本着色
法量
上巻 29.0×665.0
所蔵者
東京国立博物館
藤原定家が後仁和寺宮(道助法親王)の「月なみの花鳥の絵」に書くために詠進した「詠花鳥和歌各十二首」(『拾遺愚草』中)を各月ごとの12図に絵画化したもの。光起が歌意の忠実な絵画化を試みた作品で、この姿勢は以降の土佐派の画家にも踏襲された。(20110308h082)