蟠螭文鼎

機関管理番号
TJ-5729
分類
東洋考古
作品名かな
ばんちもんてい
員数
1合
制作地
中国
時代世紀
春秋時代・前7~前6世紀
品質形状
青銅
法量
最大径25.4、通高21.7
所蔵者
東京国立博物館
青銅器は西周時代後期から戦国時代にかけて、身分の上下に応じて使用できる数を制限するようになりました。ここに展示した三つの鼎は、大きさこそ異なるものの、器形と文様がよく似ています。確証はありませんが、もともと「列鼎」というセットだった可能性があります。