灰陶豚圏

機関管理番号
TJ-2033
分類
東洋考古
作品名かな
かいとうとんけん
員数
1個
制作地
中国
時代世紀
後漢時代・1~2世紀
品質形状
灰陶
法量
高13.9 横21.2 縦18.9
所蔵者
東京国立博物館
便所小屋と一体化した豚の囲いの明器です。人間の排泄物で豚を飼育する豚の囲いは、近年まで中国の農村部で散見されました。囲いの中では横たわった母豚の乳を4匹の子豚が飲んでいます。多産の豚は子宝や財産の象徴であり、囲いの明器とともに副葬されることもありました。