白磁十長生文十二曲形杯

機関管理番号
TG-2816
分類
東洋陶磁
作品名かな
はくじじっちょうせいもんじゅうにきょくがたはい
員数
1口
制作地
朝鮮
時代世紀
朝鮮時代・19世紀
品質形状
磁製
法量
高6.5 口径13.6×9.9 底径5.0×4.0
寄贈者
小倉コレクション保存会寄贈
所蔵者
東京国立博物館
十長生(じっちょうせい)とは、長寿を象徴する十種の文様、すなわち日、雲、水、岩、松、竹、鶴、亀、鹿、霊芝をいいます。朝鮮時代の絵画や工芸品に広く用いられました。青みを帯びた硬質の素地は朝鮮時代後期の白磁の特徴です。器形は犀角製の杯を模したものとみられます。(140401_t105)