粉引徳利

機関管理番号
TG-2701
分類
東洋陶磁
作品名かな
こひきとくり
員数
1口
作者
朝鮮
時代世紀
朝鮮時代・16世紀
法量
高17.9 口径4.7 底径6.3
寄贈者
広田松繁氏寄贈
所蔵者
東京国立博物館
粉引(こひき)とは灰黒色の胎土の全面に白土を塗りかけ、透明釉を掛けて焼成する技法をいう。朝鮮半島西南部の全羅道(チョルラド)一帯で作られた。長年の使用により、雨漏とよばれるしみが生じて景色をなすことから、粉引の徳利はとくに人気が高い。(130226_h04)(140225_h04)