白磁碗

機関管理番号
TG-646
分類
東洋陶磁
作品名かな
はくじわん
員数
2口
制作地
中国
時代世紀
隋~唐時代・7世紀
品質形状
磁製
法量
各高6.9 口径9.2 底径3.5 重119・122
寄贈者
横河民輔氏寄贈
所蔵者
東京国立博物館
高火度釉の透明釉はわずかに黄緑色を帯び、白玉のような温かみのある碗です。その一方で、胎はきわめて薄く、口縁はまるで紙のような鋭さ、繊細さもみられます。隋から唐時代初期に位置づけられる白磁の名品です。