浜松図真形釜

機関管理番号
E-19998
文化財指定
重要文化財
分類
金工
作品名かな
はままつずしんなりがま
員数
1口
作者
芦屋
時代世紀
室町時代・15世紀
所蔵者
東京国立博物館
 口つくりは繰口【くりぐち】、肩に紐線【ちゅうせん】1条をめぐらす。胴には州浜【すはま】に屈曲の多い枝ぶりの松樹を繊細な調子で鋳出す。真形【しんなり】の端正な姿、鯰肌【なまずはだ】ともいわれる光沢のある茶褐色の肌あい、勇勁な鬼面鐶付【きめんかんつき】など芦屋釜の特色をよく示す、わが国茶の湯釜の代表作の一つである。(2004/12/14_141028_h04)