藍地仏像文様更紗(仏手)

機関管理番号
TI-381
分類
東洋染織
作品名かな
あいじぶつぞうもんようさらさ
員数
1枚
制作地
南インド
時代世紀
18~19世紀
品質形状
更紗 裏:木綿、縁:絹
所蔵者
東京国立博物館
カラム・カリと呼ばれる手描きの更紗。内部は人物模様を襷形(たすきがた)に連続した中に、三面四臂(ぴ)の上半身の菩薩形をあらわし、周りには唐草に霊獣文を配した縁を表します。菩薩形などを幾何学的な構成にまとめタイ向けに製作された更紗で、日本では「仏手(ほとけで)」と称されました。(20090113_t036、130326_t131改訂)(160412_t131)